オーガニックコットンの父 近藤健一さんとの出会い(1)

2011年12月1日。
大切な出会いがありました。

その頃の私は、化学物質過敏症を発症していたものの、数々の病院を訪れても原因も病名もわからず、ただひたすら鍼治療を受けていました。

その日、珍しく体調がよかったので、久しぶりに会社に出ました。
すると来客が。

「オーガニックコットンの父」「糸の魔術師」と呼ばれる近藤健一さんとの出会いでした。

近藤さんはクラボウ、大正紡績といった紡績会社で300種類以上の糸を作り出した技術者です。


前日、私は不思議な夢をみていました。
大きな象が、会社の玄関に来る夢でした。

なぜかはっきり覚えていて、その象と同じ色のジャケットを近藤さんが着ていらしたので、思わずその話をすると、

「それ、僕だよ。僕、象さん大好きなんだよ。」

と茶目っ気のある笑顔でおっしゃいました。

当時の私は、アトピーで長年使っていたステロイドが使えなくなり、止めた副作用で顔も首も皮膚がゴワゴワ。
今でもまだ皮膚は黒ずんでいますが、今以上に黒ずみ、紫色の肌でした。

なかなか着られるものがない、という私の話を聞いた近藤さんは、自分が首に巻いていたストールを外し

「これ、してごらん。オーガニックコットンのストール。これは大丈夫だよ。」

と私にくださいました。

それは「ダッカの霧」と呼ばれる、極細のオーガニックコットン糸で作られたストールでした。


(つづきます)



たくさんの人が化学物質過敏症の現状を知ってもらうために、応援してくれています。
このバナーをクリックしてくれるだけでこの応援の輪がどんどん広がっていきます。
ご協力ありがとうございます。

にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ にほんブログ村

wacca代表。シルクスクリーン製版、衣装制作の(株)横山工藝 取締役 。アトピー性皮膚炎歴30年、2009年に化学物質過敏症を発症し、2013年に診断。2012年~14年が一番状態が悪く、今は寛解(かんかい)に向けて前進中。 「心地いいが基準になる暮らしのために」をコンセプトに、過敏症患者さんも一般の方も安心して使えるものづくりを目指して、スタッフとともに試行錯誤しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です