オーガニックコットンの父 近藤健一さんとの出会い(4)

昨年一念発起して化学物質をできるだけ排除した環境の元、安心、安全な染色、縫製で衣類を製造しようとwaccaプロジェクトと名付けた事業を始めました。

「ダッカの霧」ストールや、その後にいただいたタオルなど、どの製品も体が本当に楽だったので、waccaで使う生地は近藤さんにお願いしたいと思っていました。

そこで、昨年9月、香川へ近藤さんを訪ねました。
公共交通機関が使えない身なので、夫と交代で運転。
久しぶりにお会いできました。

近藤健一さん(右)と私(中央)。左は夫です。


近藤さんは長く勤めていらした大正紡績を、春に退職されたところでした。

退職されても、相変わらず世界を飛び回り、製品づくりに携わっていらっしゃいました。

私が新たに始める事業のことや、化学物質過敏症について、時間の許す限りお話できました。

あなたが作ろうとしている工場は、世界中探してもないよ

と励ましてくださり、私が希望するオーガニックコットンの生地を大正紡績さんで作れるようにしてくださいました。

(つづきます)



たくさんの人が化学物質過敏症の現状を知ってもらうために、応援してくれています。
このバナーをクリックしてくれるだけでこの応援の輪がどんどん広がっていきます。
ご協力ありがとうございます。

にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ にほんブログ村

wacca代表。シルクスクリーン製版、衣装制作の(株)横山工藝 取締役 。アトピー性皮膚炎歴30年、2009年に化学物質過敏症を発症し、2013年に診断。2012年~14年が一番状態が悪く、今は寛解(かんかい)に向けて前進中。 「心地いいが基準になる暮らしのために」をコンセプトに、過敏症患者さんも一般の方も安心して使えるものづくりを目指して、スタッフとともに試行錯誤しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です