アトピー悪化の肌に最適だったダブルガーゼ

6月はオンラインストアの準備やコロナ関係のあれこれで疲弊。
さらに合わなかったサンダルを履いてしまい、色々な要因が重なって肌と体調が悪化してしまいました。

回復のためひたすら眠ったのですが、心配したスタッフが
「これ使ってみてください」
と、枕カバーハーフケットパジャマのパンツを試作してくれました。

使った生地は前記事で紹介した、オーガニックコットンダブルガーゼです。

オーガニックコットン・ダブルガーゼの枕カバー
ダブルガーゼでつくったハーフケット

アトピー肌が悪化した時は、寝ている間に掻きむしり、枕やシーツに皮膚が落ちたり、血がついたりします。

頭部も熱を持つため耳に水が溜まったり、頭皮がゆるくなってかき壊すのですが、ダブルガーゼがいい感じで湿気をとってくれて、皮膚をかき壊すこともなく、よく眠れました。


比較のためオーガニックコットンの平織(晒)生地で作った枕カバーでも寝てみたのですが、熱をもった肌がぺとっと生地について…

オーガニックコットンの平織生地(晒)で作った枕カバー

普段はさらっとして気持ちいいのだけど、体が熱を持っているとダブルガーゼの方が快適だとわかりました。

マスクの内側に使うことを考えて発注したダブルガーゼ。

実際このマスクを使った人たちからは

「梅雨の時期、ガーゼって暑いかと思ったけど、他のマスクより湿度が抑えられて熱がこもらない
長時間つけても肌が荒れない

という声が。

使っているオーガニックコットンは繊維長の長いスーピマコットン。糸の直径も長いと紡績会社の担当者さんが話してくれました。

そうか、織り方がガーゼであることはもちろんだけど、糸の面で考えても、吸湿効果が高いんだなあ。

就寝中は、冬でも200ml、夏では500mlも汗をかくそうです。

アトピー肌に汗は難しい相手。汗をかくことは大事なのだけど、かゆくて眠れなかったり、かき壊すきっかけにもなるものです。

ぐっすり眠れれば、体調も肌も回復します。

久しぶりにひどいアトピー肌になって、ステロイド離脱をした辛かった頃を思い出しました。

洗濯した枕カバーたちを干しながら
あの頃、この寝具があったらなあ…
と思わずつぶやいて、

スタッフが試作してくれたパジャマズボン、ハーフケット、枕カバー

あれ?作ったらいいんじゃないの?

このダブルガーゼ、汗をかく寝具に最適なのでは?
湿度の調整に優れているのでは?

そうだ、マスクの次は、これを作ろう。

辛い中での大きな発見でした。
嬉しい。



たくさんの人が化学物質過敏症の現状を知ってもらうために、応援してくれています。
このバナーをクリックしてくれるだけでこの応援の輪がどんどん広がっていきます。
ご協力ありがとうございます。

にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ にほんブログ村

wacca代表。シルクスクリーン製版、衣装制作の(株)横山工藝 取締役 。アトピー性皮膚炎歴30年、2009年に化学物質過敏症を発症し、2013年に診断。2012年~14年が一番状態が悪く、今は寛解(かんかい)に向けて前進中。 「心地いいが基準になる暮らしのために」をコンセプトに、過敏症患者さんも一般の方も安心して使えるものづくりを目指して、スタッフとともに試行錯誤しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です