車を修理に出す際、助かった化学物質過敏症への対応

先日、自分の車に警告が出るのでサービスに連絡しました。

昨日いつもの担当者さんが来て
「お預かりします。ちょっと失礼して…」
とスペアタイヤの保管場所を開けて

「ここに保管させてもらってたんです」


不織布のシートカバーを取り出しました。

前回車を預かる際、シートににおい移りしないようにかけてくれた不織布のカバーを、そこに保管してくれていたようです。

さらにステアリングにもカバー。


『そこまでしてくれるんですね、嬉しいです』
というと、
「ステアリングのカバーはコロナ対策で…今はこれが通常です」

化学物質過敏症 にとって助かることが、コロナ対策の中にはあることが多いです。


そして、最後にシートベルトにタオルを巻く担当者さん。


前回、ベルトに香料が移り、運転中辛かったのです。
ちゃんと覚えていて、準備してくれていました。
ありがとうございます(´∀`)

ちなみに原因は、センサーの不具合。
この暑さなのか、同じ案件が続いているそう。
車もまいる暑さですね。


▼関連ブログ:こちらの担当者さんが車を探してくれた経緯
化学物質過敏症の車問題②



たくさんの人が化学物質過敏症の現状を知ってもらうために、応援してくれています。
このバナーをクリックしてくれるだけでこの応援の輪がどんどん広がっていきます。
ご協力ありがとうございます。

にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ にほんブログ村

wacca代表。シルクスクリーン製版、衣装制作の(株)横山工藝 取締役 。アトピー性皮膚炎歴30年、2009年に化学物質過敏症を発症し、2013年に診断。2012年~14年が一番状態が悪く、今は寛解(かんかい)に向けて前進中。 「心地いいが基準になる暮らしのために」をコンセプトに、過敏症患者さんも一般の方も安心して使えるものづくりを目指して、スタッフとともに試行錯誤しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です