化学物質過敏症マスクにアイロンをかけるコツ

製品づくりに手は抜きませんが、家では何かと手抜きをするので、私のマスクは干しっぱなしのシワシワです。

それをみたスタッフから

「奈保子さん、会社の顔なんだから、シワの入ったマスクはやめてください」
「それで自撮りしないでくださいよ」

と注意されます。

そこで、先日頑張って家でアイロンがけ。
得意げにスタッフに見せたら

「それ、本当にアイロンかけたんですか?」

と厳しいお言葉が(苦笑)。

アイロンが古いから…といったら道具にせいにしちゃいけません、とスタッフ。

会社のアイロンでスタッフとかけ比べ

上のマスクがスタッフがかけたもの、下は私。

道具は一緒なのに、仕上がりが違う…

私のアイロンがけとどこが違うの?とスタッフに聞いたところ

・一度にかけない、4分の1ずつかける
・外から内にかける

がコツだと。

なるほど、少しずつやるのがコツみたいです。
雑な私はざざっとかけてました。

最後は紐にもあてて。
全体の印象に、ここは大事。


ちなみに、綿なので通常は高温でかけられますが、防縮加工を施していないオーガニックコットンなので多少縮むことがあります。

なので、低温から中温がおすすめです。
ワイヤーはポリプロピレンなので、入っている部分は避けてかけてください。

スチームを使うとより綺麗に早く仕上がります。

また、投稿で教えて頂いたのですが、生乾きの時にアイロンをかけるのもおすすめです。
ただ、waccaのマスクはガーゼで乾きが早いので、生乾きを狙っていたのに乾いてしまったことが何度かありました。

スタッフの指導を受けて、もう一度マスクにアイロンをかけてみました。

ちょっとしたコツで、仕上がりは見違えました。
(ちなみに、このwaccaマスクは旧型です。新作にはダーツが入っていないので、アイロンはよりかけやすいです。)

電磁波過敏症でアイロンが使えない方は

なるべく伸ばして干してください。

我が家のマスク、試作の試着が多いので形がバラバラ…。

夫は半分に折って伸ばすタイプ。
私はそれぞれの辺を伸ばすタイプ。

電磁波過敏症の患者さんに聞いたところ、ちゃんとやればそこそこ伸びます、と。

固めの活性炭フィルターを使われる方は、フィルターを入れると伸びます、とおっしゃる方もいました。
確かに、芯のような働きになりますね。

毎日使うものだから、洗濯も大変ですが、ピシッとしたマスクは使っていて気持ちがいいですね(今頃)。



たくさんの人が化学物質過敏症の現状を知ってもらうために、応援してくれています。
このバナーをクリックしてくれるだけでこの応援の輪がどんどん広がっていきます。
ご協力ありがとうございます。

にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ にほんブログ村

wacca代表。シルクスクリーン製版、衣装制作の(株)横山工藝 取締役 。アトピー性皮膚炎歴30年、2009年に化学物質過敏症を発症し、2013年に診断。2012年~14年が一番状態が悪く、今は寛解(かんかい)に向けて前進中。 「心地いいが基準になる暮らしのために」をコンセプトに、過敏症患者さんも一般の方も安心して使えるものづくりを目指して、スタッフとともに試行錯誤しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です