石けんシャンプーのキシキシしない洗い方

合成洗剤のシャンプーやリンスから石けん由来に変えた時、一番気になるのが指どおりキシキシ感

合成洗剤は髪にコーティングしているので、なめらかに感じます。その触り心地に慣れていると、変えた時に指どおりが悪く感じます。

そこで、母が相談した美容師さんが教えてくれたのは、100均で粗いくしを買ってきて…

このような形状のくし。使いやすい形を選んで。

普通にシャンプーで洗った髪に、リンスを付けたらこのくしで全体になじませます。

指でやるより髪がほぐれ、髪が絡まるのも防ぎます。
くしでとくので、キシキシ感も感じません。

しばらくおいたらすすいで終了。

この洗い方なら母も続けられる様子。

シャンプーを変えてから2ヶ月ほどたち、母の髪はふんわり優しい髪になりました。
地肌に風が通り、ペタっとした感じもありません

合成洗剤から切り替えた1週間くらいは、前のシャンプーが髪に残っていて違和感があったようですが、今はスッキリしています。

ただ「カラーリングの色落ちが前より早くなったから、染めるタイミングが早くなった」そう。

けれど石けんシャンプーは「汚れを落とす」という本来の働きをしている気もします。



たくさんの人が化学物質過敏症の現状を知ってもらうために、応援してくれています。
このバナーをクリックしてくれるだけでこの応援の輪がどんどん広がっていきます。
ご協力ありがとうございます。

にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ にほんブログ村

wacca代表。シルクスクリーン製版、衣装制作の(株)横山工藝 取締役 。アトピー性皮膚炎歴30年、2009年に化学物質過敏症を発症し、2013年に診断。2012年~14年が一番状態が悪く、今は寛解(かんかい)に向けて前進中。 「心地いいが基準になる暮らしのために」をコンセプトに、過敏症患者さんも一般の方も安心して使えるものづくりを目指して、スタッフとともに試行錯誤しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です