暖房器具は古いものをストックしておく

週末は暖房器具の掃除をしました。来年も無事に使えますように。
化学物質過敏症だと、新しい家電がなかなか使えません。特に暖房器具は熱もあって化学的なものが色々揮発します。

これは妹が子供頃使っていた電気ストーブ(SANYO)でおそらく30年以上たっているものです。

私が40年近く使った物(National)は昨年ダメになりました。古い暖房器具をストックしておきたいので、毎年掃除をする時期にこの話を友人知人にしたりSNSにあげたりします。そして、いらなくなった古い暖房器具があったら知らせてください、と声をかけています。
今年は巣ごもりで断捨離をする人も増えているので、どこからか出てこないかなあと密かに楽しみにしています。

実際声がけして出てきたものもあります。
写真の左は父が使っていたもので、会社の物置にあると教えてくれました。

左が物置から出てきたヒーター。
これもNationalですね。

また、自分で買って古くする、という手もあります。
写真の右は2015年に購入したもの。すぐには使えないので、しばらく会社(私のいない部屋)で使ってもらっています。

古いものはダメにもなってくるので、ストックを使い果たした頃に右のストーブも10年たっている、となればいいなと。ただ、昔の製品のように丈夫で壊れないことが前提ですが。(40年もののNational製品、本当にすごいと思います。)

使えるものがない、と思うと不安ですが、第2案、第3案が用意できていれば、不安は随分軽減されます。安心できればそのことは忘れていられます。ままならない生活の中で、少しでも不安を感じないようにするのは大事だと思っています。

ちなみに、検索するとフリーマーケットに出品された中古の電気ストーブがいくつも出てきます。一般家庭で使われていると、香料の付着が心配なので私はあまり利用していません。ただ、ファンヒーターでなければ掃除すればある程度取れるとも思うので(心配なのは電気コードくらい)過敏症の程度によるかと思います。

これまで頂いたものの経験ですが、知り合いでおうちの状況(香料の程度)がわかる人や、会社で使われていたものは大丈夫なものが多かったです。

『きっとよくなる。化学物質過敏症の私がつくった製品wacca(ワッカ )』

たくさんの人が化学物質過敏症の現状を知ってもらうために、応援してくれています。
このバナーをクリックしてくれるだけでこの応援の輪がどんどん広がっていきます。
ご協力ありがとうございます。

wacca代表。シルクスクリーン製版、衣装制作の(株)横山工藝 取締役。学芸員(美大卒)。2009年に化学物質過敏症を発症し、13年に診断。12年~14年が最も状態が悪く、今は寛解(かんかい)に向けて前進中。アトピー性皮膚炎歴30年。 過敏症やアトピーの人が安心して使える衣料、安全な染料でおしゃれを楽しめる衣類を開発。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です