化学物質過敏症の反応には、必ず原因がある

別荘から自宅に戻ると、やはり室内の空気がおかしいと感じました。

早速、床や壁を水ぶきしはじめました。

本棚も拭いていた時、あれ?と気がつきました。
その本棚は、リフォームする前からそこにあり、そのまま使っています。

「あー! ここに隙間がある!」

この建物を建てた時に作り付けた本棚は、これ自体が壁の一部だったようです。
本棚は横の壁や天井から『パカッ』とはがれてそこに隙間ができ、壁の向こう側が見えていました。

化学物質が漏れていたところ

ピンクのところが隙間になって開いていた場所です。

そして、この下の部屋に、ある塗料が置かれていました。
さらに、その部屋の天井が、腐っていて、成分が本棚のある部屋まで上がって来ていたのです。

とりあえずコーキングをしてもらい、匂いと成分止めにその上から養生テープを貼りました。

のちに、下の部屋もリフォームし、天井も直しました。

なるほど、寝ているとまぶたがくっついてしまい、朝目を開けるのが大変でした。
あれは、塗料の成分だったんだ、と納得しました。

気づけば2ヶ月以上続いた不調。対処してからは随分体が楽になりました。

症状があるなら、必ず原因物質がある。

そして、この原因を突き止めない限り、排除できない=症状はなくならない のだと思いました。
それからは、諦めずに、見つかるまで原因を探るようにしています。



たくさんの人が化学物質過敏症の現状を知ってもらうために、応援してくれています。
このバナーをクリックしてくれるだけでこの応援の輪がどんどん広がっていきます。
ご協力ありがとうございます。

にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ にほんブログ村

wacca代表。シルクスクリーン製版、衣装制作の(株)横山工藝 取締役 。アトピー性皮膚炎歴30年、2009年に化学物質過敏症を発症し、2013年に診断。2012年~14年が一番状態が悪く、今は寛解(かんかい)に向けて前進中。 「心地いいが基準になる暮らしのために」をコンセプトに、過敏症患者さんも一般の方も安心して使えるものづくりを目指して、スタッフとともに試行錯誤しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です