私(母)が化学物質過敏症で、息子が怪我、入院に①

次男が中学生のとき、サッカーボールを蹴っていてボールにのり上げ、転んだときに肘を脱臼、骨折しました。

それも夜、自宅で怪我をしたため、風呂敷で腕をつり、大きな病院の救急外来へ夫と連れて行きました。

化学物質過敏症で救急外来

しかし、化学物質過敏症の私は、病院の中にはいれません。
入り口を出たり入ったり、次男の様子が気になりつつも、長くは居れず外で待っていました。

まるで何かのセットのようだな…などと考えながら、この前をうろうろ。
窓が開いていて、脱臼したひじを入れようとする様子が聞こえてきます。
次男の叫び声が聞こえるのに、そばにいてやれないもどかしさ。

明け方近くになり、夫が外に出て来て「先生が説明したいって。中に入れる?」と。
タオルで顔を押さえながら、処置室へ入りました。

『きっとよくなる。化学物質過敏症の私がつくった製品wacca(ワッカ )』

たくさんの人が化学物質過敏症の現状を知ってもらうために、応援してくれています。
このバナーをクリックしてくれるだけでこの応援の輪がどんどん広がっていきます。
ご協力ありがとうございます。

wacca代表。シルクスクリーン製版、衣装制作の(株)横山工藝 取締役。学芸員(美大卒)。2009年に化学物質過敏症を発症し、13年に診断。12年~14年が最も状態が悪く、今は寛解(かんかい)に向けて前進中。アトピー性皮膚炎歴30年。 過敏症やアトピーの人が安心して使える衣料、安全な染料でおしゃれを楽しめる衣類を開発。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です