アレルギー反応で衣類に困窮する

発症して間もないころ、当時診てくれていた鍼治療のK先生が、使える製品について色々教えてくれました。

中でも衣類や寝具などの布製品は直に触れるものなので、教えていただいて助かりました。

「この店でオーガニックコットンのシーツを作ってくれるよ」
「この店紳士物だけど、そこにこういう綿入りのジャンパーがあるから、あれなら着られるよ」

先生が見つけたものを教えてもらい、治療の帰りにその店によって買っていました。

そのころは見た目は二の次で、体が楽になる、寒くない、ということが優先。
どうみてもおじさま用のデザインで、小さいサイズでもブカブカでしたが、とりあえず着られるものを探す、というのが第一命題。

特に冬は、フリースやウールのセーターが着られないので、寒くて仕方がありませんでした。
足元は薄い靴下なので、冷えて辛かった覚えがあります。
綿の重ね着とショールで乗り切りました。

K先生が教えてくれるものは、自分が持っているほかのものと違いました。
体がほっとして緊張感がとける感じです。

自分の中に基準ができていき
「これは無理だな、着られない」
というものはどんどん処分していきました。

そのうち着られるものが本当にわずかになり、いつも同じパーカー、Tシャツ、マスク、帽子、という姿になりました。

ある時、用があってデパートに行かなくてはいけなくなり、1階の化粧品売り場を通るため顔半分をストールでおおい、そのころは光にも敏感だったのでサングラスをし、とてもおしゃれとは言えない格好で店に入りました。

ふと気配を感じ、周りを見ると、制服を着たガードマンが私の後方をついて来ていました。
よほど怪しいと思われたのでしょう。

苦笑と悲しい気持ちが入り混じった気持ちになりました。

久しぶりに入ったデパートで

「こんなに商品があるのに、私が使えるものは一つもないんだな。
このキラキラした空間に、私は受け入れてもらえないんだな。」

と今思えばかなりマイナス思考ですが、落ち込むことの多い時期でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です