アレルギーの人が着られる服を。染料と衣類の開発及び製造事業の準備。

染めの工場と縫製の工場を、弊社にある建物の改修をしてつくります。

通常の業務を行いながらの工事なので、あっちの作業はこっちに、ここの機械は製版の工場にいれて、この部屋は取り壊してワンフロア、などと断続的にやっています。

化学物質過敏症の人が着られる衣料を作るための研究開発事業なので、なるべく周囲の影響を受けないように、いまやっている作業が隣に来ないレイアウトを考えています。

建物の改修をするため、中の取り壊しが始まりました。
壊しはじめたら、早いなあ。
ここは縫製場にする予定です。

建物自体は新しいものではなく、化学物質過敏症の私がいても影響がある感じはしません。

このあと、壁やフロアは、私の自宅をリフォームしてくれた建築士さんと相談して決めていきます。

▼始める事業について詳しくはこちら
『増加する化学物質過敏症患者のための、染料と衣類の開発及び製造販売』
https://blog.canaria-project.jp/2019/07/26/csclothes/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です